ツインレイ

ツインレイの水面下で進む魂の統合~魂震える対話と魂の声~

man with sunset今、多くのツインレイに、潜在意識、魂レベルの水面下で変化が起きています。

3次元世界の現実でたとえ変化が見えなくとも、目には見えない領域、魂レベル、五次元世界ではお互いに大きな魂の浄化、成長が起きています。

これまで二人の関係性に変化が見られなかった人も、すでにその変化が、現象界に表れてきているかもしれません。

本記事では、私自身に起きた大浄化のエピソードを交えながら、魂からの変容の事例を書いてみます。

ツインレイ魂の対話

moon
2021年の冬至に引き続き、2022年の春分は本当に大きな浄化のエネルギーが来たと感じます。

私の場合、冬至に一度体調を崩し、今回の春分のタイミングでは、長年正面から向き合えなかった身体のウィークポイントに打撃が来て、ついに入院することになりました。そこに至るまで、魂のパートナーとの間に起きた魂の対話について書いてみます。

Kaori
Kaori
私の入院の原因は、生理の出血が春分前の満月を境に急激に増え、止まらなくなったことが原因でした。私の他にも、春分前後、生理が止まらない女性が多かったようです。
moon
ツインレイ女性が子宮を癒す必要がある理由 ツインレイ男性と出逢うと、ツインレイ女性は精神面だけでなく身体にも変化を起こしていきます。 身体の半身に痛みが出たり、重く...

箱根 九頭龍神社での出来事

2月末のこと。以前から呼ばれていた箱根の九頭龍神社(本宮)へ出かけました。

Kaori
Kaori
自分を癒して本当の自分を生きたいと願い、レイキヒーリングを学び始めた頃から、龍神様とのご縁はとても深くなっていったように思います。日々のセッションで出逢う女性たちも、龍神が繋いでくれている「龍女」のご縁ばかりです。

美しい芦ノ湖畔を心地よく歩き、九頭龍の森のエリアに入った途端、内側から突然、闇のような感情が湧きあがってきました。
それは何か、強いエネルギーによって引き出されているような、そんな感覚がありました。

自分の意志や思考とは全く関係ない、深い深いところから湧き出るような、一言で表すと「罪悪感」でした。

「何故、箱根まで来て今さら、こんな感情が湧くんだろう??ついさっきまで清々しい気分だったのに、、、」

歩きながらその感情の正体を探り、それはツインレイのことより、これまでの自分のずるさ、逃げてきたことや誤魔化してきたこと全般への後悔や罪悪感がドッと押し寄せる感覚。
この状態で参拝して良いのかどうか迷いながら、モヤモヤとしながら本宮へ向かいました。

「謝りたい」

ひたすらそう思い、文字通り、懺悔の気持ちで手を合わせた時、突如ザっと横風が吹き、こんな言葉が降りてきました。

「自分自身(神)に対し、誠実であれ」

誰かに申し訳ないとか、傷つけないようにとか、恥ずかしくないようにとかそういうことではない。
自分に恥ずかしくないように、誤魔化すことなく、誠実に生きよ。

そう九頭龍の龍神様が私を導いてくれたのでした。

龍神メッセージと「役割」からの解放

その夜、肚の底から、「自分に恥ずかしくないように誠実に生きよう」という強い決意と同時に炙り出されたのは、「家族を絶対に傷つけたくない」「子供たちに対し、恥ずかしい生き方はしたくない」という強烈な想いと怖れでした。

Kaori
Kaori
本当の私の魂の想いを家族が知ったらどう思うんだろう。きっと理解されないし、傷つけてしまうのではないか。もう超えたと思っていた感情の”ラスボス”のような想いが湧き出てきました。

同時に、拭い去ることが出来ない、魂のパートナーと一緒に居たいという想い。

本当の自分を隠すこと、誤魔化すことはもうできない。
本音を言えば、残りの人生で、母、妻、娘、といった「役割」から自分を解放したい。

それに対し、龍神から受け取ったメッセージが下記の内容でした。

役割からも自由になること。それが自分に対して誠実に生きるということであるならば、それで良い。
誰に負い目を感じる必要もない。罪悪感も要らない。ただし、誤魔化したり逃げたりするな。そのすべてに責任を持って生きるように。

ツインレイ魂の統合「五次元からのメッセージ」

その数日後のことです。
知人の霊能者の方にサポートしてもらい、彼の魂と対話をする機会がありました。

下記はその時受け取った、魂の声の一部です。

貴方はまだ2人、と言うんだね。私たちは既に1人なのに。

その事に気づけたら私が今、この状況で急ぎたい気持ちはわかるんじゃないかい。

私は少し急ぎたい。でも、私たちは1人だから貴方にちょっと負担になるかもしれないと思うが待っていて。
1つの魂がバラバラになることはないけどやっぱり少しの痛みは生じるから。

3次元ではお互いの肉体が違う。それは与えられた試練だからお互いの肉体に対して責任を持とう。

今、時代は悲しみとの戦いだね。
しかし、私は悲しくない。それよりも周りを見渡して私の肉体がやることをやっているから。

貴方は肉体がある3次元で頑張りすぎているね。 肉体は疲れるからね。

ツインレイパートナーの魂との対話は、イコール、自分自身の魂との対話でもあります。

ああやっぱりな、これは全部私だな、と感じました。

Kaori
Kaori
「肉体に責任を持つこと」「3次元で頑張り過ぎている」のメッセージ通り、私はこの後、自分の肉体のケアのために入院することになりました。

今回医学的にも様々な精密検査を受けましたが、原因はすべて分かっていません。

霊的、エネルギー的には、子宮が多くの血を流すことで魂からのメッセージを伝えてくれ、浄化を促してくれたと感じています。

そして、肉体の弱いところを含め、動けない自分も、弱っている自分も、まるごと自分を許し愛し、受け入れること。

「許し」は誰にとっても大きなテーマですが、これまでのレベルからさらにもう一段階、どんな自分も受け入れる、陰陽統合がさらにもう一段階、あと押しされた出来事でした。

ツインレイ男性の魂の傾向

lovers

多くのツインレイ男性は、ツインレイ女性に比べ魂の霊格が高く、女性の魂の成長をリードする役割を担っています。

man standing on the top
ツインレイ男性の深い愛の真実とは ~五次元意識の愛のメッセージ~ 2022年に入り、これまで一向に変わらないように見えた多くのツインレイ男性にも、覚醒の兆しや、様々な変化が表れてきています。 ...

しかし同時に、3次元ではとても現実的に、多くの制約と重荷を背負いながら、非常に真面目に、繊細に生きています。

今回パートナーの魂と対話して改めて分かったのは、多くのツインレイ男性は、魂、意識は高次元にあり、3次元を受け流している、仕方がない”試練”として受け入れているということ。

魂の願いと3次元世界の現実の乖離を、下記の2つの方法でバランスを取りながら生きているということです。

自分の理想と光にのみ真っすぐ生きる

一つ目は、高次元の意識、光にだけ目を向けて、自分の陰、裏側、影(=ツインレイ女性でもあります)から目を背けて生きようとすること。

私は何故、貴方が「私たち」とわけた一人称にするのか分からなかったけど、ちょっと分かった。

私は”私”に対して話しかけていたけど、貴方は私に対して話しかける、の違い。

大事な事を忘れていたね。そして気付いたよ、何故、貴方が分けた(魂)呼び方をするのかが。

貴方は私に冷静さを届けてくれる役割なんだね。

光に気を取られていたら気がつけない影の部分の私に気付けた。ありがとう。

プラスとマイナスのバランスは傾いたら冷静ではいられないもんね。

この魂の声からも、闇(負の自分、自分の弱さ)から目を背けていては、統合に至ることはできないということが、改めてよく分かったのでした。

Kaori
Kaori
前世で修道士や聖職者であったツインレイ男性も多く、理想が高く、自らを戒め、自分を厳格に縛る強い信念を持っている魂が多いのです。

それゆえに、自分の裏側(陰・影)、弱さを受け入れることがなかなかできません。

この3次元で、ツインレイ女性に近づくことを、女性の愛を受け入れることをなかなか自分に許せないツインレイ男性が多い理由にも、そういった背景があります。

魂と肉体が別であることを受け入れる

二つ目は、良くも悪くも”諦めてしまっている”ということです。

3次元で肉体が違うのは仕方ない。
肉体は入れ物だからその分だけ選択肢が広がるんだな、って感じるんだ。貴方はどう?

3次元での役割は五感でしか伝えることができない。これは修行だな。

言葉や態度は正しく伝えることはとても面倒で誤解されるし、でもそれが大事なんだね。

貴方が私を3次元で感じたいという気持ちはきっとまだ、魂はひとつになっていても、まだ肉体がただの器になっていないから貴方は困惑しちゃうのかな。

3次元で私の(私たち)魂の入れ物を貴方が用意して。貴方がちゃんと傍で感じる事のできる肉体でもいいし、生命の宿れるものならばなんでもいい。

実際私たちは、幾多の輪廻転生において、当時の時代背景や氏族的な縛りから、沢山の愛を諦めてきています。

魂と肉体は別であること、魂が本体であり肉体は入れ物であることを当たり前に理解しているために、3次元にも肉体にもあまり執着がありません。

Kaori
Kaori
だからこそ、動植物や他の人物の肉体に自分の魂を預けて、メッセージを伝えに来たりもします。私たちの場合、もっとも多いのが鳥ですが、他にもコウモリやトカゲ、虫、またある時は見知らぬ”おじさん”が現れたりもします。

※実際のコウモリの写真(台所の窓に貼りついて訴える図。。。)
bat

bird
【鳥が伝えるスピリチュアルメッセージ】美しいさえずりはあの人からの求愛サイン? 「なんだか最近、庭に鳥たちがよく遊びに来るな」 「鳴き声がいつも以上に気になる」 そんな風に、鳥の存在が気になる時はありませ...

テレパシー能力もツインレイ女性よりも高いために、魂の次元で対話が出来ていれば満足しますし、魂と肉体が別の想いで、別の”場所”で生きることを受け入れてしまえます。

Kaori
Kaori
言葉が不器用なのも、LINEなどのやりとりが苦手だったり嫌ったりするのも、テレパシーであればお互い傷ついたり諍うこともない、摩擦もない、誰も傷つけずに済むからです。

魂と肉体がバラバラであること、魂の想いにフタをして生きることは、本来、非常に辛いことですが、”修行”と”我慢”に慣れきっているツインレイ男性の魂はそれを受け入れてしまいます。

愛の次元が高く、器が大きいが故、魂が成熟しており強いと言えますが、その反面、非常に脆く繊細です。その相反する2つの要素を、彼らの高いスピリチュアル能力により無自覚にバランスを取っています。

そのバランスが崩れる時が、ツインレイ男性にとって非常に苦しい時であり、しかし統合へ向けて避けては通れない道のりとなります。

ツインレイ統合へ向けて

ying and yang

この記事に書いた、私の魂のパートナーの魂の声や、在り方が、すべてのツインレイ男性に当てはまるとは限りませんが、全体の傾向として共通点が多いのではないかと感じています。

私が、九頭龍神社参拝の夜に、「誰も傷つけたくない」という怖れが強烈に湧いたことを投影するかのように、相手もこんなメッセージを伝えてきました。

3次元での肉体は親から授かった大切にしなければならない宝物。
だから、私は肉体を傷つけたくない。

わかりやすく言えば親が悲しむことはできない。だから3次元での私は変わり者かもしれないけど、人を傷つけないように気を付けている。

それに対し、私からはこう伝えました。

私は気づいたんだよ 傷つける、悲しませる、なんてことは、 そもそもないんだと

そして、誰も傷つけないように生きることなど、不可能だと。

今回貴方が、 「光に気を取られていたら気がつけない影の部分の私」と言ってくれたけど、影の部分は、光がある限り常にあるから。

傷つけないように生きるということは、 いつも自分を抑えて、 本当は言いたい言葉、本音を飲み込んで、 自分以外の他の誰かのために生きるということになってしまう。


もう修行や我慢、苦しみはやめよう、そのループから抜けよう、と。

もう終わりにしていいんだよと、繰り返し伝えました。

すると不思議なことに、彼の魂から伝わってくるメッセージが180度、がらりと変わったのです。

「もう許してもらえるのかな?」

そう、私に問うてきました。

そうして、弱い自分を許し認め、受け入れることがやっとできたようです。

それは同時に、内なる私の大変化でもありました。

その直後に、3次元の私自身の肉体のバランスが崩れ、床に伏し、自分の弱さに向き合い、認め、許すことになったからです。

私たちは本当に魂が一つになったんだと確認できた出来事でした。

まとめ

fireworkここまで書いてきたように、たとえ目には見えなくても、ツインレイ同士の魂の世界で、こういった陰陽の”相互作用”は、必ず働いています。

私に今回起きた出来事は、冒頭に書いた、九頭龍神社で受け取ったエネルギーの流れからと感じています。

実際、誰とも面会できずたった一人、ベッドの上で動けない日が続いた中で、「役割からの解放」をまさに体験したからです。

そして、自分の魂がその解放を望んでいることも改めて、よく分かったのでした。

それに対する罪悪感も、申し訳ないという気持ちも、もう要らないのだと。

目には見えない世界、魂での動きが、現象界に投影されるのには一定の時間がかかります。
魂の世界での変化が先で、その後に、肉体を持った現実世界が動いてきます。

Kaori
Kaori
肉体にはエゴ(思考)があり、魂の声に必ず抵抗しますので時間がかかるかもしれませんが、諦めないで欲しいと思います。パートナーとの間にある魂の対話、真実に耳を傾けて信じてください。そしてご自分の(お相手の)魂の声をぜひ聴いてあげてください
itoshima_sunset
ヴォイスヒーリングワークショップ ヴォイスヒーリングの効果 声は私たち誰もにとって、唯一無二の、最幸最善の楽器です。 そして、声を出すこと、歌うことは、目に見...

だからこそ今とにかく、肉体のアセンション、ライトボディ化が大切であり、促されていることは間違いありません。

新たな地球に生きるために、私たち全員にとって必要なことであり、そのために必要な浄化が起き続けています。

人間関係で一見とても嫌な、ネガティブに思えることが起きたり、やる気がなくなったり、体調不良、病気が発覚したり、突然仕事がうまくいかなくなったりすることもあるかもしれません。

それらはすべて必然に起きていることであり、次のステージへと進む上でのお試しであり、その事象をどんな意識で捉えるかが、とても重要なタイミングです。

sunset_itoshima

私たちは、起きた出来事に対して自由意志で意味を与えることができます。
そして、与えた意味を受け取ります。

私は今回の自分の肉体に起きたアクシンデントを、「完全なるギフト」として受け取りました。
ここからまた使命を果たしていく上で必要な出来事であったと。

またもう一段階上のレベルで、自分の弱さ、影(=魂のパートナー)を、真に受け入れることが出来たからです。

私たち人間は元々皆、弱く繊細な生き物です。
地球に何か起きたら、大きな天変地異が起きたら、生きていられません。

だから、もう内なる争い、自分を責めることを辞めて、自分を許して、他者も許して、ジャッジを手放して支え合っていく。

休んでもいいし、立ち止まってもいいし、やり直してもいいし、逃げてもいいのです。
自分を愛して、自分から溢れたその愛を広げていく時です。

ツインレイという魂のパートナーシップの学びは、本当に様々なことを教えてくれます。

これからも、今回救われたこの肉体を大切に、このブログで、セッションで、伝え続けていきたいと思います。

Kaori
Kaori
病気も怪我も、動けないことも、何も悪いことじゃない。ただそこに在るだけで愛であり、価値があるのです。入院の数日前に撮った動画です。

 

ツインレイカウンセリング・ソウルワークセッション

kamiari-ishi

2021年冬至という大きな分岐点を超え、2022年はいよいよ多くの人が統合へと向かうと言われています。

本当の自分を生きるという「肚を決め」「覚悟を決め」、実際に行動に移していく1年となります。

自らの魂の声に従い、自分を許し、自分を愛し、これまでの過去を感謝と共に手放して、望む未来へと進んでいくサポートを行っています。

詳細ページへ