ツインレイ

風の時代にツインレイの現実を動かす3つの重要なカギとは

woman in front of the mountain

「ツインレイとの現実が動かない」

この悩みは多くの人が一度は経験したことがあると思います。
人それぞれ置かれた状況は違いますが、起きている現象は皆、実は同じです。

強く望んでいるにも関わらず、そのように現実が動かない理由とその対策を解説します。

ヴォイスヒーリングLIVE

ツインレイの現実が動かない理由

「こんなに想い合っているのに、なぜ一緒にいられないのだろう?」
「会いたいと願い続けているのに何故会えないのだろう?」

ツインレイという関係性にひとたび向き合ったなら、誰もがそのやるせなさに身を焦がす瞬間を味わうことになります。

その理由のひとつに、ツインレイが現実世界において、互いにもしくはどちらかが既婚者という関係性や、年齢差が大きく離れた状態で出逢うことが多いということ。

同時に、目に見えない世界、宇宙視点においては、互いに魂を磨き合う存在であるがゆえに、敢えて「一緒にいない」、「離れる」、「会わない、連絡を取らない」という”手段”を通じて、お互いが自分自身に集中し、自らの魂を成長させるための時間を持つことが必ずといって良いほど必要だからです。

なかなか会うことが出来ない
会えても人目を憚らなくてはいけない
結婚したいけど今の家庭状況を変えられない

事情、状況は人それぞれ様々ですが、実際どうこの現状を打破していけばいいのか? 現実的な方法やプロセスに目を向けるとまったく出口がないように思えてしまいます。

そんな時もし、現状二人の間に立ちはだかる”壁のようなもの”を、相手や他の誰か、環境や仕事の状況など、「それは~のせい」と外側に原因を探しているとするなら、二人の現実が動かない原因はまず、そこにあります。

man

一例として、既婚男性の多くが、すでに夫婦関係は冷めきっているにも関わらず現在の奥さんに縛られて身動きが取れない状況があります。

私のセッションに来られるお客様からも、そういった話を本当によく聞きます。

LINEやメールを逐一チェックされたり、帰宅時間を縛られたりする。
誰といつどこで何をするのか?5W1Hを必ずチェックされる。
話し合おうとしても、取り合えってもらえない。。。

時代は今や風の時代に入り、結婚という在り方や価値観も大きく変わろうとしていますが、以前としてこういった状況を、多くの男性たちが「当たり前のこと」として受け入れている現実があります。

では、この事例の場合、現実が動かない理由は奥さんでしょうか?

答えはNOです。

厳しいですが、目の前の現実はどんな相手、現象であれ自分自身の意識が創造しています。

裏を返せば、自分の身に起きるすべてのことは自分の意識次第であり、自分の責任ということです。

ツインレイの現実を動かすカギとは?

そうはいっても、、、一体どうすれば良いのか?

ツインレイとの関係性はひたすら、「自分自身への向き合いと集中」であるということは、別記事でも書いてきました。

相手や外側の現象に気を向けて自分自身から意識が離れれば離れるほど、相手からも離れていってしまう。

ツインレイの二人

相手とやっと会えて、やりとりできることが嬉しくて、やっとこれで安心できるかなと思ったら、また引き離されるようなことが起きたりする。

これは決して二人にとってネガティブなことが起きているわけではなく、まだ自分自身に向き合う時間が必要ですよ、というシグナルに過ぎません。

自分が悪いわけでも相手が悪いわけでもなく、ただ、二人の未来にとって最善のことが起きているのです。

頭でばかり方法論を考えても、世間一般で言われる恋愛スキルのような駆け引きをしてみても、にっちもさっちも動かないのがツインレイの関係性ですが、意外なところに現実を動かすカギは隠れています。

以下に、ツインレイの現実を動かす上で、風の時代に最も有効な3つのアプローチをご紹介します。

自分の意識、「設定」を変える

前述の、既婚のツインレイ男性が奥さんに縛られて身動きがとれない事例の場合、現実が動かせない原因は一見奥さんのせいに思えるかもしれませんが、そうではありません。

その男性自身が奥さんに対し、「自分を縛りつける」という設定をしているのであり、同時に、この先もその現実を「到底変えられない」という設定をしてしまっていることが原因です。

「設定」とはどういうことか?

それはある意味、思い込みであり信念、つまり自分自身の意識の在り方です。

私たち人間の意識の力は、想像以上にパワフルに現実に投影されます。

良い方向にその意識の力を働かせることが出来ればよいのですが、往々にして、望まない方向へと無意識に使ってしまっていることがよくあります。

いつも怖れや不安を抱いていれば、本当に怖れや不安を抱くような現実が起きる、という具合に。

逆に言えば、その自分の”設定”さえ変えればすぐに現実は動いていきます。

風の時代に入り、意識の現実化がこれまで以上に、本当に早くなっているからです。

ただ、潜在意識に刻まれたものは非常に深く、特に世間体や社会性が絡んだ思い込みは長い年月魂に刻まれているため、変えることは容易ではありません。

筋トレのように、日常の中で日々変えていく”訓練”が必要になります。

丹田(子宮)の本来の力を取り戻す

現実を動かす上で、非常に重要な身体の部位があります。

おへその下にある、丹田(たんでん)という場所です。
いわゆる、下腹です。

腹は、肚。

肚を据える
肚を決める
肚をくくる
肚を探る、、、

肚にまつわる言葉はたくさんあります。

なぜなら、この肚に自分の本音、本当の自分がいるからです。

  1. 頭で考えること(思考)
  2. ハートで願うこと(心、魂)
  3. 肚、丹田で考えること(現実、行動)

この3つが合致していればいるほど、現実は動きます。

しかし、多くの人がこの3つにズレがあります。
思考で魂の願いを抑えてしまったり、願いとは逆に行動をとってしまったりする。

結果、現実が望むように動かないということが起きてきます。

現実創造をつかさどるのは、思考でもハートでもなく、下腹の丹田ですので、ここをエネルギー的にも肉体的にも整え、鍛えていくことが有効になります。

sleeping woman

女性の場合は子宮、第2チャクラのエネルギーを整えていくことが大切になります。

性エネルギーを司る場所でもあり、自分本来の性エネルギーを取り戻していくこととツインレイの関係性はとても密接なつながりがあるからです。

実際お客様からも、ツインレイの相手と出逢ってから自分本来の性が開いた、ストレートに言うと、”これまでセックスに全く興味が湧かなかったのに、本来の性欲を取り戻した”、というお話をよく聴きます。

ヴォイスヒーリングセッションでは、この丹田(子宮)のエネルギーを整え鍛える呼吸法もお伝えしています。詳細はこちら

呼吸を深める

今、老若男女問わず大ヒットしている鬼滅の刃。
その代名詞ともなっている、「全集中の呼吸」。

kimetsu2
出典:週刊少年ジャンプより(筆者撮影)

このアニメの重要な要素として、登場人物である各剣士が繰り出す多彩な「呼吸」の技。

日・炎・水・雷・岩・風・月・恋・蛇・花・蟲・音・霞・獣、、、
覚えきれないほどの呼吸の種類が登場します。

このアニメがこれほど支持されている目には見えない背景のひとつに、呼吸がいかに自らが持てる無限の可能性を拓くのか、本来の人の生きる力を取り戻す上で重要か、その大切さを思い出せ!との強いメッセージがあると感じています。

breath

呼吸は本来、とても神聖で、本当の自分を知る、そして目に見えない世界と繋がるとても重要な生命活動であり、意識的に深めることで人生が180度変わるほどパワフルなものです。

私自身、ヴォイスヒーリングを通じて日々呼吸を深めたことで、パートナーシップ、仕事、人間関係、人生全般がすべて望む方向へと動き出しました。

呼吸を意識的に深めることは確実に現実を動かすカギとなります。

itoshima_sunset
ヴォイスヒーリングワークショップ ヴォイスヒーリングの効果 声は私たち誰もにとって、唯一無二の、最幸最善の楽器です。 そして、声を出すこと、歌うことは、目に見...

まとめ

上記に挙げた3つの現実を動かすカギ。

頭では分かっても、それを真に理解し腑に落とし、実行することは一筋縄ではいかないかもしれません。

flying bird

特に意識、設定を変えていくことは、文字通り「肚を決める」こと。
つまり、覚悟を決める必要があります。

”覚悟”というと誰もが怖気づきますが、言い方を変えると、自分自身が選択すること。
自分が自分の責任で歩む道を選び取っていくということです。

残りの限られた人生を、誰と共にどこで、何をして過ごしていきたいのか?

私たちは全員今、この問いに本氣で、真剣に向き合う必要があります。

自分自身との向き合いから逃げないこと。

それが、必ずツインレイとの望む現実を動かしていく原動力となります。

ツインレイ・ソウルワークセッション

twinray
2021年、いよいよこれまでの自分自身への向き合いが実を結ぶか否かの大きな分岐点を迎えます。

社会も大きく揺れ動く中、これまでの準備期間から、一人一人が自分の道を生きる決意と覚悟を決めるステージに入ります。

そのために必要な魂の癒しと気づきから、自己受容、自己愛により過去を癒し、新しい未来へと進む道のりをサポートさせていただくためのセッションです。

詳細ページへ