ツインレイ

ツインレイと出逢ったら離婚すべき?形にこだわらない無条件の愛

galaxy

ツインレイという存在が唯一無二だというなら、なぜ結婚後出逢ったのだろう?
この先、どうすればいい?

今婚姻関係にあるパートナーとツインレイ。
その狭間で揺れるツインレイ女性、男性は多いと思います。

離婚してツインレイと再婚すべきか?

必ず一度は、頭をよぎります。

このコラムでは、結婚後ツインレイに出逢った場合、どのように気持ちの整理をつけて前へ進めばよいのかを解説します

ツインレイと出逢ったら離婚すべき?

結婚後ツインレイと出逢うというパターンはとても多いです。

私自身も既婚者としてツインレイに出逢い、どうせなら結婚前に出逢いたかった、もっと生活環境や年齢が近い状態で一緒にいれたらよかったと幾度も考えたものです。

同時に、既婚者として出逢ったからこその学びが多くあることも実感しています。

通常の恋愛と違いツインレイは無条件、無償の愛を学び合う関係性なので、お互いもしくは片方が既婚者である設定は魂の約束であり、”最適”とも言えるのです。

そのことを、ツインレイであるならば魂レベルでよく分かっています。

とはいえ、この三次元世界、現実世界において生きていく上ではやはり大きな壁となることは否めず、「離婚」の2文字が二度三度ならず頭をよぎることとなります。

これまで出会った既婚のツインレイ女性の状況を見ていると、以下3パターンの傾向が見られます。

  1. ツインレイと結婚するために離婚する
    結婚相手に特に不満がないが、ツインレイと結ばれるために無理やり配偶者に対し不満を抱き離婚をした女性を何人も知っています。離婚しない限りツインレイと結ばれる未来はないと真剣に考えるのです。
  2. 元々結婚相手に不満があり離婚する
    ツインレイと出逢う前から、元々結婚相手に不満を持っているケースも多くあります。中でも、決して仲が悪いわけではないがセックスレスであるパターンがとても多いという事です。
  3. 離婚はせず既婚のままツインレイとの関係を続ける
    子供の存在などで、離婚ができないケースももちろんあります。
    中にはツインレイの存在を結婚相手に伝えている場合もあります。

特に女性の場合最終的に離婚を選択する方が多いように感じますが、その場合やはりツインレイとの再婚を願っている場合が多いようです。

ツインレイの関係性においては性がとても重要でもあることから、いわゆる「不倫」という状態にならないよう離婚をしたいと考える。
ツインレイ女性も男性も生真面目な人が多いので、相手に対して誠実でありたい気持ちからも離婚の選択しているようです。

でも実際は、離婚する、しないはあくまで選択の自由であり、その道のりもツインレイの数だけ様々です。

ツインレイとは結婚する?

ツインレイとどうやったら共に人生を歩めるのか。結婚できるのか。
そのために現在の婚姻関係をどうすればいいのか。

どちらとも関係を続けることは、どちらをも裏切ることになる。

どちらかを選ばなければ。
離婚しなければ。
結婚しなければ。

罪悪感と共にそう白黒つけようとすればするほど、苦しくなってしまいます。

これは、二人の関係性に形を求め、ある意味こだわっている状態であるため、結果的にツインレイの相手との関係もうまくいかなくなります。

husband and wife

私の友人であるツインレイ女性の事例で掘り下げてみます。

彼女は昨年末に離婚し、ツインレイの相手に共に暮らすことを求めましたが拒絶され、以来サイレント期間に入ってしまいました。

お互いに既婚者であり、彼女は自分が独身になることで少しでも三次元的なハードルを下げたいと考えたのですが、相手のツインレイ男性には受け入れられませんでした。

彼女を愛していることを認めながらも、現実(自分の婚姻関係、家族関係)を変えることはできないと言って、彼女の元から去ったのです。

alone

「自分は離婚できないから、彼女と結ばれる資格はない。」

それが彼の率直な本音であり、想いでした。

男性はとても社会的な生き物です。

社会の規範とルールの中に自分を縛り日々闘っている人がほとんどであり、ツインレイ男性といえどもツインレイである前に一人の人間であり男なのです。

彼の言うことは至極全うです。
この現実世界においては。

でも、ツインレイにとっては真実ではありません。

離婚しさえすればツインレイと結ばれるのかというとそうとは限らず、既婚のままだからツインレイと結ばれることはないのかというと、それもまた違うのです。

ツインレイの真実の愛は、形を求めない

この話には続きのウラ話があります。

相手の男性が何を話したのか詳しく聞いていく中で、大きな気づきがありました。

彼は会話の中で、こうも言ったのだそうです。

「100%じゃなくてもいいじゃないか」

つまり、完璧じゃなくてもいいじゃないか、互いに結婚したままで今のように二人で会って話をしてという関係で良かったじゃないか、ということです。

これは、彼の言い逃れ、自己保身の言葉のように受け取れます。
実際、私の友人もそのように捉え、怒っていたのです。

これまで私の離婚を応援していたくせに、いざ離婚したらこの態度?と。

彼の姿がとても情けなく見えたのだそうです。

man

実際、彼は怖れを感じたのでしょう。

とても繊細であるツインレイ男性の心理として、自分の自信のなさ、これまで築き上げてきた現実を変えることへの恐怖を感じ逃げ出したくなったことは想像に難くありません。

でも同時に、「100%じゃなくてもいいじゃないか」と言った彼の言葉に、私は彼の、彼女に対する深く大きな愛も感じたのです。

「不完全な貴女でも、ありのまま愛している」

「不完全な僕のこともそのまま愛して欲しい」

「形がなくても、僕たちは愛し合える」

 

彼の魂が願う彼女に対する愛の真実は、ここにあるのではないかと思うのです。

まとめ

離婚も結婚も、現在の社会における制度とルールに沿ったパートナーシップのひとつの形に過ぎません。

ツインレイとは本質的には、形のない愛の上に成り立つものです。

一説には、少なくとも二人が統合を果たすまでは、現実世界の目に見える形ではほとんど関わりを持つことはないとも言われます。

遠く地球の裏側に住んでいたり、意思疎通すらほとんど交わすことがなかったり、まだ数回しか会ったことがなかったりすることもあります。

ツインレイのサイレント

でも、互いの肉体の距離、共に過ごす時間の大小、会う回数はツインレイにとってはあまり関係ありません。

そこが通常の恋愛とは大きく異なる点です。

だから、互いが離婚してる/してない、結婚してる/してないも、本質的には関係がないのです。

ツインレイの相手は自分自身の鏡。

自分の不完全性(婚姻状態)を受け入れられない、許せない=相手の不完全性(婚姻状態)を受け入れられない、許せない=、ということになります。

こう考えると前述の事例の場合、相手を拒絶したのは彼ではなく彼女の方だったとも言えます。

ツインレイの二人の信頼関係を育む上で大切なこと。

それは、関係性の形にこだわらず、自分自身を受け入れ許し、自分自身と向き合う中で相手への愛を高め、自分(相手)を愛していくことです。

その結果、離婚→再婚という形に自然になるかもしれませんし、逆に何も変わらないかもしれません。

それもまた、正解、不正解はなく、少なくとも自分にとって最幸、最善のことが起きていると信じていくことが大切です。

ツインレイ 自立のためのソウルワーク発見セッション

sacred light
2020年、大きなツインレイ統合の流れが来ている中で、ツインレイにとって今一番大切なこと。

それは真の自分を解放し、自らが持つ光を発揮しながら、自立して自分の道に生きることです。

そのために必要なソウルワークを発見するためのワークショップです。

詳細ページへ